中央診療施設等

光学医療診療部

当診療科は、内視鏡を用いた診断、治療を行う診療部です。具体的には、上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸内視鏡)、カプセル内視鏡、気管支鏡、腹腔鏡検査とこれらを用いた内視鏡治療を行っています。 また、胆のう、胆管や膵臓の病気に対する内視鏡検査や治療を行っています。

受付

メッセージ

当院の光学医療診療部は、施設、設備とも日本でも有数の内視鏡診療部です。最新型の細い内視鏡スコープ(経鼻内視鏡など)も装備されましたので、従来より楽に検査が受けられるようになっています。また、中四国で初めてオリンパス社のカプセル内視鏡を導入いたしました。カプセルを飲むだけで小腸が見られるようになりました。

次のような症状の方に検査を行います

消化管内視鏡(胃カメラ、大腸内視鏡):
食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、胸焼け、腹部不快感、便秘、下痢、消化不良、吐血、下血、倦怠感、体重減少、胃のレントゲン検査(胃がん検診)や大腸がん検診で異常を指摘された方。

カプセル内視鏡:
原因不明の消化管出血

気管支鏡:
咳、痰、胸部レントゲン異常

腹腔鏡:
各種肝疾患、原因不明の腹水

症状のない方もがん検診のための消化管内視鏡検査を行えます。

次のような治療も行います

早期食道がん、早期胃がん、早期大腸がんの内視鏡的粘膜切除:
早期に発見されたがんで、がんが深部にまで広がっていない場合は、開腹手術しなくとも、内視鏡的に治療できる場合があります。特に、がんが消化管粘膜に留まっている場合は、たいていは内視鏡的に切除可能です。内視鏡的治療は、内視鏡で見ながら消化管粘膜だけを切り取る治療ですので、体表には全く傷がつかず、楽な治療が受けられます。

ポリープ切除:
胃や大腸のポリープを内視鏡下に切除します。小さなポリープの場合は、入院しなくても、外来で治療できます。

内視鏡的胆道結石除去:
胆管結石の症例に対して、内視鏡による結石除去術を行っています。通常1週間程度の入院が必要ですが、手術に比べて侵襲が少ないメリットがあります。

内視鏡的慢性膵炎治療:
膵石の除去(体外衝撃波結石破砕装置との併用も可)や、膵管狭窄部に対するステント挿入などによる慢性膵炎治療を行っています。

治療の他に、超音波内視鏡、膵・胆管内超音波検査、胆道内視鏡、膵管鏡、超音波内視鏡下膵生検などの特殊検査を行うことができます。

受診方法

消化器症状のある方は、消化器内科に、呼吸器症状のある方は呼吸器内科を受診してください。担当医が診察の上、検査、治療が望ましい場合は、検査の予約をすすめられます。初診当日に上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査を希望されて、朝御飯を食べずにこられた方は、その旨をおっしゃっていただければ、当日に検査が受けられます。

専門分野(五十音順)

池田 宜央 主に消化管疾患(日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内科学会認定医)
宇都宮 大貴 消化器疾患(日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医)
竹下 英次 主に消化管疾患、内視鏡診断・治療(日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医 )