中央診療施設等

手術部

病院3階にある中央手術部には13室の手術室があります。
昭和51年5月の創設以来,最新の設備を導入し、消化器外科、呼吸器外科、心臓・血管外科、脳神経外科、整形外 科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科、麻酔科蘇生科、歯科口腔外科などの多岐にわたる手術治療が行われ、最先端の医療と重篤な救急医療にも十分に対応できる体制を整えております。
特に最近では、各種のレーザー治療、内視鏡を利用した各種の低侵襲手術、人工心肺を使用しない低侵襲な心臓手術、手術用顕微鏡を利用した高度な手術、腎臓移植、肝臓移植などの肝胆膵・移植外科 手術、などが行われています。

ただ今手術中

最近の実績

最近では、1年間に約5500件程度の手術が行われ、その内のおよそ65%が全身麻酔、10%が脊椎麻酔及び硬膜外麻酔、25%が局所麻酔下に手術が行われています。

感染対策と将来計画

  • ※供給ホール型 術中の様子

手術部では、清潔あるいは滅菌の徹底と感染対策を最優先しています。手術室のきれいさの基準(NASAの清浄度基準)を十分に満たす手術室を準備し、各種の手術に対応しています。なお、平成17年7月に供給ホール型(※)の手術部に改修し、清浄度を更にアップしております。

専門分野(五十音順)

川崎 俊 手術麻酔
菊池 聡 消化器外科全般、一般外科、救急医療 (日本救急医学会専門医・指導医、日本外科学会専門医)
吉川 武樹 手術麻酔、医用工学、医療情報学、医療安全工学
萬家 俊博 各種難治性の痛み(麻酔科指導医、ペインクリニック専門医)

関連情報