中央診療施設等

リハビリテーション部

リハビリテーション(rehabilitation)の語源は、”re:再び、habilis:人間にふさわしい”であり、その言葉の意味は人間が人間としてふさわしい状態に戻すことです。リハビリテーション部は障害を受けた患者さんが全人間的に社会に再び適応できるように治療の一端を担っています。

訓練

メッセージ

障害(一時的にしても)をもたれた患者が、日常生活あるいは社会に復帰するには少なからざる労力と時間が必要です。我々スタッフはリハビリテーション医学の立場からそれをお手伝いします。気軽にご相談ください。

診療内容

1)対象疾患
各関節・脊椎疾患の術前・術後、四肢切断術後、靱帯損傷・骨折・神経損傷等の外傷後、慢性関節リウマチ・変形性関節症等関節疾患、その他装具療法、自助具を必要とする疾患、脳血管障害、脳性麻痺、脊髄損傷、末梢神経障害、神経筋疾患、失調症等

2)治療・訓練用設備
・診察室
・運動療法室(各種訓練用用具、エルゴメーター、サイベックス)
・歩行分析装置  
・義肢装具制作作業室

理学療法士 12名
作業療法士  3名
専従医師   1名 

算定基準

脳血管リハⅠ、運動器リハⅠ、呼吸器リハⅠ、心大血管リハⅠ、がんリハⅠ

専門資格取得状況

専門理学療法士1名、教員等長期講習会修了者2名
3学会合同呼吸療法認定士2名、がんのリハビリテーション研修修了者3名
博士(学術)1名、FTA4級認定2名

専門分野(五十音順)

今井 浩 股関節外科、手外科、外傷、関節リウマチ外科(日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医)
鴻上 繁 急性期リハビリテーション全般(日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会専門医)
三浦 裕正 膝関節外科、バイオメカニクス(日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ医)