中央診療施設等

周産母子センター

周産母子センターは小児科、産科の両診療科が協力して、妊娠、分娩、産褥および胎児期から新生児期への連続した診療を行っています。

誕生と体外受精の著しい進歩

メッセージ

小児科と産科が協力してより良い周産期医療を目指しており、未熟児・新生児の救命率および長期予後が改善されています。

産科部門

  • 胎児エコーによる出生前診断

出生前診断・治療、 体外受精、妊娠中毒症・切迫早産・多胎妊娠などのハイリスク妊娠に対する高度な集中管理などを行っています。

新生児部門

  • 超低出生体重児の管理

  • 高頻度振動換気・特殊ガスを用いた呼吸管理

新生児集中治療室(NICU)において、超低出生体重児や、重症の新生児の管理を行っています。高頻度振動換気や、一酸化窒素(NO) 吸入療法などの特殊な呼吸循環管理を行うことができます。

専門分野(五十音順)

石井 榮一 血液・腫瘍、免疫、小児保健(日本血液学会専門医・指導医)
太田 雅明 新生児、循環器(日本周産期新生児医学会周産期専門医)
杉山 隆 周産期、内分泌代謝・生活習慣病、漢方(日本周産期・新生児学会周産期(母胎・胎児)指導医・専門医、日本内分泌学会認定内分泌代謝科指導医・専門医、日本肥満学会認定指導医・専門医、日本東洋医学会認定専門医)
福田 光成 神経、筋、発達
松原 圭一 周産期、臨床遺伝医学、腹腔鏡
松原 裕子 周産期、出生前診断(産婦人科専門医、周産期専門医(母体、胎児)、臨床遺伝専門医、婦人科腫瘍専門医)