中央診療施設等

材料部

材料部は看護および医療サービス業務の省力化と合理化のために設けられた中央診療部門です。各部門において必要な医療器具、医療材料を中央管理し、滅菌作業の集中と計画供給を行うことにより、医療サービスの向上を図ることを目的としています。

ウオッシャーディスインフェクター

洗浄

洗浄とは「滅菌の前工程として、使用した器具に付着した油脂・蛋白質、微生物、有機物質、汚れを物理的な力で取り除くこと」です。従来は各部門にて器具の洗浄を行っていましたが、ウオッシャーディスインフェクターという全自動洗浄消毒乾燥装置を使用し、使用済み器具を中央一括洗浄することで各部門での洗浄が不要となりました。中央一括処理により医療従事者への感染の危険性を極力抑えることができ、各部門での洗浄にかかる時間の短縮およびコストの削減が可能となりました。

滅菌

  • 滅菌設備

滅菌とは「病原体・非病原体を問わず、すべての微生物を死滅させること」です。器材の性質により、高圧蒸気滅菌法、エチレンオキサイドガス滅菌法を用い滅菌しています。

1.高圧蒸気滅菌法
135℃・2.2kgf/cm2の飽和水蒸気中で、加熱することによって微生物を殺滅する方法です。ガラス、カスト類、ガーゼ、網製小物など高温高圧に耐えられるものを滅菌しています。

2.酸化エチレンオキサイドガス滅菌法
酸化エチレンオキサイドガスを用いて微生物を殺滅する方法です。ゴム・プラスチック製品、内視鏡器具などの高温高圧に耐えられないものを滅菌しています。

物品管理

医療用消耗材料(リネン、衛生材料、ディスポ製品)、器械セットを適宜適量各部門に供給しています。各部門は医療用消耗材料、器械セットを収納するカートを2台保有し、使用部門と材料部の間でカート交換方式による物品管理を行っています。また、ディスポ製品はまとめて管理し、各部署の過剰在庫をなくし必要な物品をカードによる自由取り方式で行っています。

専門分野(五十音順)

渡部 祐司 消化器外科全般、一般外科、腹腔鏡下手術、癌温熱療法、低侵襲治療 キーワード:外科 消化器 腹腔鏡 胸腔鏡 低侵襲 化学療法 胃癌 食道癌 ダヴィンチ(日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本癌治療認定医暫定教育医、日本食道学会食道科認定医、日本消化器がん外科治療認定医)

関連情報