中央診療施設等

ME機器センター

ME機器センターには現在15名のスタッフが所属しており、信頼される医療機器の提供・診療技術支援を目標に、各チームに振り分けられたスタッフが中心となって医療機器の中央管理並びに医療現場での臨床業務を行っております。

【専門資格取得状況】

・体外循環技術認定士      4名
・透析技術認定士        4名
・呼吸療法認定士        3名
・補助人工心臓管理技術認定士  6名
・臨床高気圧酸素治療技師    1名
・IBHRE            1名


【ME安全管理チーム】

  • ME安全管理

 医療現場には最先端工学技術を応用した様々な診断機器や治療機器が使用されています。ME機器センターではこれらの機器がいつでも最良の状態で使用できるよう専門技能を備えた臨床工学技士が中心となり医療機器の管理運営を行っています。

【呼吸代謝チーム】

  • 呼吸代謝チーム

主に血液浄化業務と呼吸器関連業務に携わっています。
 血液浄化業務は、血液透析、血液濾過透析、持続的血液濾過透析、血漿交換、血漿吸着、エンドトキシン吸着、顆粒球吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法を実施しています。
 呼吸器関連業務は、主に病棟で使用されている呼吸器の動作チェック、回路交換、不具合発生時の対応等を行っています。
また、緊急時の体外循環業務や実験研究、学会参加等も積極的に行っています。

【手術室チーム】

  • 手術室チーム1

  • 手術室チーム2

 手術部では様々な診療科の手術に関わり、医師の指示のもと医療機器の操作及び保守・点検を行っています。例として、LASER、顕微鏡、内視鏡、Robotic Surgeryといった業務の術前準備や術中支援を行っています。

 成人・小児の体外循環業務の対応や体外循環を使用しないOPCAB、BT-shunt等といった手技であっても緊急時の対応が行えるようにしています。また、補助人工心臓の埋め込み手術を始め、埋め込み後のフォローも行っています。

【カテーテルチーム】

  • カテーテル

循環器を中心に心臓カテーテル業務、植込み型デバイス業務に携わっています。心内心電図の記録、解析や心臓立体画像を描写する装置の操作などを行なっております。
患者のQOLを維持できるよう循環器内科医師と協力して行っております。
その他カテーテルチームでは学術大会への演題発表を積極的に行っています。

【光学内視鏡チーム】

臨床工学技士を専任で配属し、内視鏡室業務を開始予定です。今後の業務として内視鏡機器の保守管理や医療材料管理、内視鏡スコープの洗浄消毒管理、医師の介助業務を主に行っていく予定です。内視鏡室では、内視鏡装置、内視鏡スコープ、電気メス、炭酸ガス送気装置など多種多様な内視鏡関連機器を所有しています。様々な種類の内視鏡処置具や内視鏡関連機器を熟知し、迅速な操作対応を行い、安全な医療の提供を目指します。

専門分野(五十音順)

泉谷 裕則 心臓・血管外科、低侵襲心臓手術(日本外科学会専門医、心臓血管外科専門医・修練指導者、植込型補助人工心臓実施医 )

関連情報