中央診療施設等

臨床研究支援センター

臨床研究支援センター(旧 臨床薬理センター)は、外来棟1階及び3号館1階に設置しています。外来棟1階は、事務部門やCRC部門を配置し主として治験・臨床研究の支援を、3号館は、主として臨床薬理試験を行っています。センター全体の業務が円滑に実施できるように、各部門が連携して臨床研究全体の支援を行っています。また、治験を推進するために愛媛大学と関連病院が協力して治験を実施する愛媛大学医学部附属病院治験ネットワーク(愛ネットワーク)を構築し、実施しています。

メッセージ

愛媛大学医学部附属病院では、臨床試験(治験)に参加していただける、ボランティアを募集しています。ボランティアの方の協力があって、はじめて新しい優れた薬が開発されます。
詳細は臨床研究支援センターまでお問い合わせください。

こんな仕事をしています

  • CRC 部門

  • CRCがわかりやすく説明を行います

  • Phase I 部門

・健康な方や患者さんにご協力いただいて臨床試験や治験を実施する際の支援を行います。
・医薬品や医療機器等を開発している会社が行う治験の支援や、医師が計画して実施する臨床試験を支援します。
・臨床試験や治験の書類や事務手続きなどを支援します。

お問い合わせ先

Tel 089-960-5914
Fax 089-960-5910

専門分野(五十音順)

永井 将弘 神経内科全般、臨床薬理学(神経内科専門医、指導医、認定内科医、内科指導医、臨床薬理専門医、指導医 )