中央診療施設等

低侵襲・がん治療センター

当科では早期の癌や胆石症などの良性疾患、下肢静脈瘤、多汗症などに対する手術的治療を中心に診療を行っています。特に、早期胃癌、大腸癌、脾機能亢進症に対して、従来の開腹手術に替わり腹腔鏡下手術を行っております。

外来の様子

次のような症状を扱っています。

腹痛、胸痛、黄疸、下血、下肢のだるさ、下肢の潰瘍、顔面・手掌・腋窩の多汗

当診療科の対象疾患

胆石、総胆管結石、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、早期肺癌、気胸、鼠径・大腿ヘルニア、早期胃癌、大腸癌、脾臓疾患、副腎腫瘍、多汗症、下肢静脈瘤

メッセージ

内視鏡手術とは、細いテレビカメラ(2~10mm )を胸腔や腹腔に挿入し、テレビ画面を見ながら行う手術です。従来の手術と比較して、傷が小さいため、術後の痛みが少なく、回復が早いという利点があります。以前は胆石症など、一部の良性疾患にのみ行われていましたが、最近では良性の腫瘍や早期の癌の手術にも内視鏡手術が行われるようになりました。内視鏡手術について疑問なことがありましたら、何なりとご相談ください。
現在当科では下記の診療に積極的に取り組んでいます。

・細径鉗子による腹腔鏡下胆嚢摘出術
・細径鉗子による腹腔鏡下胆嚢摘出術
・早期胃癌に対する腹腔鏡ガイド下幽門側胃切除術(LADG)
・腹腔鏡下大腸切除術
・腹腔鏡下脾摘術
・腹腔鏡下副腎摘出術
・腹腔鏡下肝腫瘍焼灼術
・レーザーを用いた、SEPS(内視鏡的筋膜下穿通枝切離術)による、ほとんど傷が残らない下肢静脈瘤手術
・美容的に配慮した(ほとんど傷が残らない)2mm細径胸腔鏡、ハイビジョンを用いた多汗症に対する低侵襲手術
・胸腔鏡下肺切除術
・当センターは、付属の手術トレーニング施設にて低侵襲手術トレーニングを行っております。下記関連情報のホームページをご参照ください。

専門分野(五十音順)

渡部 祐司 消化器外科全般、一般外科、腹腔鏡下手術、癌温熱療法、低侵襲治療 キーワード:外科 消化器 腹腔鏡 胸腔鏡 低侵襲 化学療法 胃癌 食道癌 ダヴィンチ(日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本癌治療認定医暫定教育医、日本食道学会食道科認定医、日本消化器がん外科治療認定医)