中央診療施設等

腫瘍センター

腫瘍センターは、平成18年12月に新たに設置されました。当センターでは質の高いがん治療を提供するとともに、がん治療に携わる専門の医療人の育成を目的としています。

センターでは次の業務を行っております

・がんの集学的治療の推進に関すること
・外来化学療法に関すること
・がん研修の支援に関すること
・がんの情報提供に関すること
・院内がん登録に関すること
・院内レジメン登録に関すること
・がんに関わる学部教育及び大学院教育との連携に関すること
・地域医療従事者へのがんに関する教育・研修支援及び情報提供に関すること

さらに、当センター内に「地域がん診療連携拠点病院」として必要な6つの専門委員会(下記の図)を設置し、関係部門との連携のもと円滑な運営を図っていく予定です。

腫瘍センター規程

院内がん登録の実施について

がんのプロトコールについて(第二内科化学療法)

がんのプロトコールについて(第三内科化学療法)

がんのプロトコールについて(消化器腫瘍外科化学療法)

がんのプロトコールについて(肝胆膵移植外科化学療法)

がんのプロトコールについて(乳腺センター化学療法)

がんのプロトコールについて(脳外科化学療法)

がんのプロトコールについて(整形外科化学療法)

がんのプロトコールについて(皮膚科化学療法)

がんのプロトコールについて(泌尿器科化学療法)

がんのプロトコールについて(耳鼻科化学療法)

がんのプロトコールについて(婦人科化学療法)

がんのプロトコールについて(歯科口腔外科化学療法)

専門分野(五十音順)

朝井 洋晶 腫瘍内科、がん薬物療法、血液内科(がん薬物療法専門医、認定内科医、血液学会専門医)
竹内 一人 血液(日本内科学会認定内科医、総合内科専門医・指導医、日本血液学会認定血液専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医)
薬師神 芳洋 がん化学療法、緩和医療(がん薬物療法専門医・指導医、日本血液学会専門医・指導医、日本緩和医療学会暫定指導医)