中央診療施設等

呼吸器センター

 近年わが国では人口の高齢化が進んでおり、また生活環境や生活習慣の変化等に伴って、呼吸器に関連する疾患は増加の一途をたどっております。またその疾患の内容も多岐にわたり、それぞれが複雑に関連しております。  
 そのような状況において、今われわれに求められているのは、唯一つの方向からの視点だけではなく、あらゆる方向から総合的に疾患を、また病気のみならず患者の健康状態を把握し、対処していくことではないかと考えております。しかしながらわれわれ医療者側も、各スタッフの守備範囲が次第に細分化され、その結果個人個人の専門分野が、「深くて狭い」という状態になりつつあります。そのため今までの、「内科」、「外科」、「放射線科」、「理学療法科」などといった枠組みを取り払い、「呼吸器」に関するエキスパートの総力を結集して診療に当たる必要があると考えております。さらに広く、呼吸器の分野のみならず、当然そこにからんでくるであろう循環器や消化器、さらには耳鼻咽喉科領域など他の診療科との連携も重要であると考えております。
 以上述べましたようなコンセプトに基づき、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科等の部門を交えた合同カンファランスを定期的に行い、各診療科の垣根を取り払った診療体制をとることにより、各患者にあった診療を、より高度で、より先進的な形で提供していけると考えております。

主な対象疾患

原発性肺癌、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍、嚢胞性肺疾患、気胸、感染性疾患(肺アスペルギルス症、肺膿瘍、膿胸など)、胸膜中皮腫、気管・気管支腫瘍、重症筋無力症、縦隔腫瘍、気管支喘息、間質性肺炎(肺線維症)、膠原病肺、サルコイドーシス、肺炎、肺気腫、慢性気管支炎、急性および慢性呼吸不全、など

専門分野(五十音順)

佐野 由文 呼吸器外科一般(日本外科学会外科専門医、日本外科学会指導医、日本胸部外科学会認定医、日本呼吸器外科専門医、日本呼吸器外科学会指導医、日本呼吸器学会呼吸器専門医、がん治療認定医)