• 教育・研究
  • 看護研究
  • 研修プログラム
  • 卒後教育支援体制
  • ENCC卒後教育
  • Freshナースレター
  • 看護管理者研修
  • 臨床倫理事例研究会
  • 教育・研究

     教育目標

    ✿ 高度先進医療に対応できる臨床判断能力と看護実践能力を高める

    ✿ 患者の人権を守るとともに倫理観を持ち、心のこもった看護ができる人材を育成する

    ✿ 看護の専門性を探求し、社会・地域に貢献できる人材を育成する

    ✿ 教育・指導能力の向上を図る

    ✿ 臨床看護研究を通して、看護の質向上を目指す

     

    目標管理

     

    クリニカルラダー

    クリニカルラダーとは、看護師の臨床実践に必要な能力を段階的に表現したもの

    <看護実践能力>      患者看護の能力

    <管理能力><社会的能力> 組織的役割を遂行するために必要な能力

    <教育・研究能力>     看護専門職としてのケアを開発する能力や自己の能力開発を積極的に進める能力

    クリニカルラダーの目的

    1. 臨床実践能力を評価し、能力向上への動機付けとし、教育的サポートの基準にする
    2. 看護師の職務満足度を向上させる
    3. 看護師の個々のキャリア開発に役立てる
    4. 人事考課、配置転換、給与等への資料とする

     

     

    当院看護部では、教育理念・目標に基づき、クリニカルラダーを導入し、看護の質向上のために臨床実践能力の評価及び専門職としての能力開発に向けて、目標を持って自己啓発を行っています。個人のキャリア開発につながるよう、教育担当専従看護師を中心に教育システムに沿った人材育成をしています。

    卒後教育領域・・・新人看護職員への支援だけでなく、2年目もフォロウアップ期間とし、臨床実践能力の習得・向上への支援、チーム活動に求められるメンバーシップの醸成を支援しています。ENCCに配置された教育担当専従看護師とセクションが連携し、個々の看護職員の状況に対応しながら、卒後2年間をかけてキャリア教育に繋がるよう、丁寧な教育・支援体制をとっています

    医学科/看護学科/各種看護学校連携教育領域・・・各学校と連携を図り、臨地実習指導の充実を図っています。また、定期的に委員会を開催し、情報交換を行い、よりよい臨地実習指導環境のあり方を検討し、取り組んでいます

    キャリア教育領域・・・卒後教育後のスタッフを対象に、ワークバランスを考えながら、看護職としての専門性を高め、キャリアアップできるよう支援しています。理念にもとづく看護を実践し、急性期医療に対応できる自律した看護職の育成に取り組んでいます

    地域連携教育領域・・・地域貢献・社会貢献に関連した領域です。地域住民や地域の病院・施設の看護職との人事交流や、研修を開催し、互いに顔の見える関係を持ちながら地域連携を深めながら、相互の看護の質向上を目指しています