当院について

About our hospital

輸血拒否に関する当院の方針

当院では、輸血を含んだ標準的医療の提供を前提とした診療を行っております。

そのため、輸血が必要な事態が想定される場合にも関わらず輸血を拒否される場合には、他医療機関での診療や転院をお願いしております。

また、基本的には救命や生命維持にとって必要であると医師が判断した場合に輸血を行う相対的無輸血(※)にて対応しますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

※相対的無輸血:患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方。