循環器内科

内科

Internal medicine

循環器内科

最新の医療を地域の患者さんに届ける

診療科紹介

当科では循環器内科の専門的診療を行っております。心不全の診断・治療は最重症への補助人工心臓や心臓移植の適応検討まで実施しているほか、狭心症などの虚血性心臓病へのカテーテル治療、大動脈弁狭窄症へのカテーテル治療(TAVR)、心房細動などの不整脈へのカテーテルアブレーション、徐脈性不整脈へのペースメーカー植え込み、など幅広く取り組んでいます。

心臓病は死に直結する病気が数多くあります。下記のような症状がある方は、ぜひ当科を受診してください

主な症状

胸痛、動悸、息切れ、呼吸困難、ふらつき、めまい、失神、チアノーゼ、発熱、むくみ、咳、痰など。

対象疾患

心不全

心不全とは、心臓の能力低下で起こります。坂道で息切れがしたり足がむくむ等の症状がでます。愛媛大学病院では特に重症心不全診療を積極的に取り組んでいます。種々の画像診断検査を用いて心筋症の鑑別診断を行い、β遮断薬を含む薬物療法から両室ペーシング療法、アブレーション、さらに心臓血管外科とチームを組みながら補助人工心臓装着などにも積極的に取り組んでいます。補助人工心臓認定施設ということもあり、軽症から重症まで全ての心不全に対し、四国の循環器内科の”最後の砦”としての使命感を持って取り組んでいます。

虚血性心疾患

冠動脈の血管壁にコレステロールがたまり、動脈硬化が進むと、血管の内側が狭くなります。血流が不十分になるほど狭くなると、心臓を動かす血液が不足する「心筋虚血」になってしまいます。虚血状態になると、心臓から発するSOS信号として、胸痛か胸の圧迫感を感じるようになります。

冠動脈がさらに狭くなって「完全にふさがって血液が通じない」ままになりますと、その部分の心筋細胞が壊死して、症状も長時間続くことになります。虚血性心疾患に対しては、まずマルチスライスCTや心筋シンチ検査などの侵襲の少ない検査法で冠動脈疾患の診断後、冠動脈造影や経皮的冠動脈インターベンションまた冠動脈バイパス術を実施しています。

弁膜症

弁は心臓の収縮拡張に従って開いたり、閉じたりして血液がスムーズに、しかも逆流することなく流れるように手助けしています。しかし弁の開きが悪くなり、血液が流れにくくなったり、弁の閉じ合わせが悪くなったりして血液が逆流することがあります。これが「心臓弁膜症」です。弁の開きが悪くなり、血液が流れるのに余分な抵抗がかかる状態を「狭窄症」、弁の閉まり具合が悪くなり逆流が出る状態を「閉鎖不全症」といいます。

当院では心臓血管外科と共にハートチームとして、弁膜症の治療に取り組んでいます。またリスクが高く手術困難な重度大動脈(弁)狭窄患者を対象に経カテーテル大動脈弁植込み術(TAVI)を実施しています。

心筋症

心筋自体の病気のうち、原因および全身疾患との関連がはっきりしているもの(特定心筋症)と、そうでない特発性があります。主に拡張型心筋症や肥大型心筋症があります。心筋症の診断、予後予測、治療に関しては先進的な試みも含めて力を入れています。それぞれの心筋症に対して薬物療法やデバイスを用いた治療あるいは閉塞性肥大型心筋症に対しては経皮的心筋中隔焼灼術も積極的に施行しています。

不整脈

心臓を動かしているのは、電気刺激です。まず、右心房にある洞結節が興奮し、電気刺激が心筋全体へと伝わって行きます。不整脈とは、この心臓の興奮が正常に伝わらないことで、脈が不整になることを言います。カテーテルアブレーション、ペースメーカ植込み、植込み型除細動器手術による不整脈治療に積極的に取り組んでおります。

先天性心疾患

成人期に達した先天性心疾患患者さんの増加に伴い、「成人先天性心疾患外来」を開設いたしました。様々な最新情報に基づきそれどれの患者さんの特有な病態に合った医療の提供を行ってきております。

末梢血管疾患

心臓から押し出される血液の通り道を動脈といい、心臓へ戻ってくる血液の通り道を静脈といいます。末梢血管には動脈の病気と静脈の病気があります。末梢動脈疾患による血行障害の治療としてバルーンやステントを用いたカテーテル治療を行っています。

その他

その他上記の症状がございましたら気軽に受診ください。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門領域 専門医等
医員 稲葉 慎二

循環器疾患全般

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医

助教 青野 潤

循環器疾患全般、心不全

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本不整脈心電学会専門医・ICD/CRT研修修了者

助教 赤澤 祐介

成人先天性心疾患

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

教授 池田 俊太郎

心血管インターベンション、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会専門医・指導医、日本心不全学会ICD/CRT研修終了

准教授 井上 勝次

循環器疾患全般、心不全、弁膜症

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本超音波医学会指導医、日本心エコー図学会専門医・構造的心疾患(SHD)心エコー図認証医

助教 上谷 晃由

虚血性心疾患、心不全、睡眠

助教 川上 大志

不整脈、循環器疾患全般

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本不整脈心電学会専門医

助教 佐々木 康浩

不整脈、循環器疾患全般

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医

教授 重松 裕二

心筋症、高血圧症、循環器疾患全般

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医

准教授 鈴木 純

循環器疾患全般

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医

講師 永井 啓行

不整脈、循環器疾患全般

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本不整脈学会専門医、日本不整脈学会ICD/CRT研修修了者

医員 中尾 恭久

循環器疾患全般

日本内科学会認定医

講師 西村 和久

虚血性心疾患、弁膜症、心不全、心血管インターベンション

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本不整脈心電学会ICD/CRT研修修了者、日本心血管インターベンション治療学会専門医、経カテーテル的大動脈弁置換術指導医

助教 東 晴彦

心不全、心筋症、弁膜症

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医、日本超音波医学会専門医、日本心臓リハビリテーション指導士、日本不整脈心電学会ICD/CRT研修修了者

医員 宮﨑 慈大

循環器疾患全般

日本内科学会認定医

医員 三好 徹

心不全、虚血性心不全

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、日本心臓血管内視鏡学会認定医、植込型補助人工心臓管理医

教授 山口 修

心不全、心筋症、循環器疾患全般

日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本循環器学会専門医

外来診療予定表

備考

池田 俊太郎

鈴木 純

宮﨑 慈大

重松 裕二

永井 啓行

西村 和久

三好 徹

山口 修

井上 勝次

上谷 晃由

重松 裕二

永井 啓行

中尾 恭久

青野 潤

赤澤 祐介

川上 大志

鈴木 純

東 晴彦

循環器内科

西村 和久

循環器内科(弁膜症 午後のみ)

赤澤 祐介

赤澤 祐介

循環器内科(移行期・成人先天性心疾患外来)月曜:奇数週 午後のみ、偶数数 終日 金曜:午前のみ    

川上 大志

循環器内科(隔週 ペースメーカー・ディバイス外来)   

診療科・部門のご案内