消化器内科

内科

Internal medicine

消化器内科

消化器内科集合写真

先端的な質の高い医療サービスを提供し、愛媛の医療と医学の発展に貢献する

診療科紹介

消化器とは肝臓、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、胆嚢、胆管、膵臓など栄養吸収、代謝に関わる臓器です。消化器内科は消化器に発生する病気の診療を行っています。

肝臓領域は近年治療法の進歩が著しいウイルス性肝炎の治療や、難病でもある原発性胆汁性胆管炎などの自己免疫性肝疾患、そして最近患者数の増加が著しい非アルコール性脂肪性肝炎などの診療を行い、肝生検などの精査や診断結果にも基づく治療薬の選択を行っています。

肝細胞癌に対してはエコー、先端のCT、MRIなどによる画像評価とともに、ラジオ波・マイクロウェーブによる局所治療、化学動脈塞栓術、分子標的薬による治療を行っています。

また、消化管は、積極的に内視鏡検査を行うことで、癌を早期に発見し、患者に負担の少ない、EMR(内視鏡的粘膜切除術)やESD(内視鏡的粘膜剥離術)の他、食道アカラシアに対するPOEMなどの先端治療も行っています。炎症性腸疾患に関しては県内医療施設とネットワークを構築し、医療連携により病態の解明と治療の開発を目指しています。

近年増加している胆膵疾患は、ERCP(内視鏡的逆行性胆道造影)、EUS(超音波内視鏡下)-FNA(穿刺吸引法)や、高度先端治療であるEUS-BD(胆道ドレナージ)などの先端的な取り組みの他、県内での連携医療を行っています。

主な症状

悪心、嘔吐、黄疸、全身倦怠感、浮腫、食欲不振、腹痛、背部痛、腹部膨満、便秘、下痢、吐血、下血、肥満、やせ、栄養障害、こむら返り

対象疾患

食道癌

食道にできる癌:癌の進行具合により、内視鏡的粘膜剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection)、放射線化学療法などを行います。

胃癌

胃にできる癌:癌の進行具合により、内視鏡的粘膜切除術(EMR: Endoscopic Mucosal Resection)、内視鏡的粘膜剥離術(ESD: Endoscopic Submucosal Dissection)、化学療法などを行います。

大腸癌、大腸ポリープ

大腸にできるポリープ、癌:癌、ポリープの進行具合により、内視鏡的粘膜切除術(EMR: Endoscopic Mucosal Resection)、内視鏡的粘膜剥離術(ESD: Endoscopic Submucosal Dissection)、化学療法、内視鏡的ポリープ切除術などを行います。

食道アカラシア

食道の一部が細くなり、食べ物を飲み込みにくくなる病気:四国ではじめて内視鏡下筋層切開術(Per-oral Endoscopic Myotomy: POEM)をはじめました。

胃・十二指腸潰瘍

ヘリコバクターピロリが原因で胃・十二指腸潰瘍を引き起こします:内服治療による一次除菌、除菌不成功であれば二次除菌を行います。

潰瘍性大腸炎・クローン病

原因不明の炎症性腸疾患。大腸内視鏡で診断:生物学的製剤などの先進的治療も行っています。

胃・食道静脈瘤

肝硬変などが原因で胃・食道の静脈が拡張する病気:内視鏡を用いた結紮術(EVL)、硬化療法(EIS)、バルーン下逆行性経静脈的塞栓術(BRTO)を行います。

B型肝炎

B型肝炎ウイルスによる肝炎:患者様の状態により、核酸アナログ製剤による内服治療、インターフェロン治療など最適な治療法を選択して行います。

C型肝炎

C型肝炎ウイルスによる肝炎:95%以上の確率でウイルスの排除が可能である直接作用型抗ウイルス剤(DAA)による内服治療を行います。

非アルコール性脂肪性肝炎

脂肪肝に肝炎を伴った状態で、肝硬変や肝癌に進展する可能性がある状態:代謝内科との連携により、食事運動療法、服薬治療を行います。

アルコール性肝障害

アルコールによる肝障害:精神科との連携により、禁酒・断酒を目指した治療を行います。

薬物性肝障害

薬物、漢方、健康食品、サプリメント、毛染めなどによる肝障害:適切な除外診断を行い、最適な治療法を選択します。

原発性胆汁性胆管炎

原因不明の慢性進行性の胆汁うっ滞症。肝生検にて確定診断します:ウルソデオキシコール酸による内服治療を行います。

自己免疫性肝炎

自己免疫機序による肝細胞傷害。肝生検にて確定診断します:ステロイド、アザチオプリンによる内服治療を行います。

急性肝炎

ウイルス、自己免疫、薬物など、原因は様々:速やかな原因の診断から、最適な治療法を選択して行うことで、急性肝不全への進展、劇症化へを防ぎます。

劇症肝炎

急性肝不全の中でも精神症状(肝性脳症)を伴い致死率が高い状態:血液浄化、血液透析などの集学的治療を行い、重症例では肝移植を行います。

肝硬変

慢性肝疾患が進行して黄疸、腹水、浮腫、肝性脳症、静脈瘤などの合併症を併発:内服治療、栄養療法を行います。重症例では肝移植を行います。

肝細胞癌

肝臓にできる癌:病気の進行具合により、ラジオ波焼灼術、マイクロウェーブ焼灼術、肝動脈化学塞栓術、全身化学療法を行います。

胆石症

胆のうや胆管に石ができて、時に痛みなど様々な症状を引き起こす病気の総称:石ができる場所により手術や内視鏡(胃カメラ)での治療を行います。

胆嚢癌・胆管癌

胆のうや胆管にできるがん:病気の進行具合により、手術、化学療法(抗がん剤治療)などを行います。必要に応じて内視鏡(胃カメラ)での治療を行います。

胆嚢炎

様々な原因で胆のうに炎症が生じた状態:病気の状態により、手術、胆嚢ドレナージ術などを行います。抗菌薬による点滴治療を行います。

胆嚢腺筋症

胆のうの壁が何らかの要因で厚くなる良性の病気:良性の病気であり経過観察を行います。胆嚢がんなどとの区別が難しい場合には手術を考慮します。

胆嚢ポリープ

胆のうの壁にできるポリープの総称:多くは良性のポリープであり、経過観察を行います。胆のう癌など悪性の可能性が否定できない場合には手術などの治療を考慮します。

急性膵炎

膵臓の急性炎症で、他の臓器にまで影響を及ぼし得る病気:絶食、大量の点滴、抗菌薬やタンパク分解酵素阻害薬による治療を行います。

慢性膵炎

膵臓で作られる消化酵素が活性化されて、自分の膵臓組織をゆっくりと溶かす慢性的な炎症:原因の除去(禁酒など)、内服治療などを行います。

自己免疫性膵炎

本来は人間が異物を排除するための免疫機構が、何らかの原因で自分自身を異物として認識してしまい膵臓に炎症をおこす病気:内服治療などを行います。

膵癌

膵臓にできるがん:病気の状態により、手術、化学療法(抗がん剤治療)などを行います。

原発性硬化性胆管炎

胆管が障害されて狭くなり、消化液である胆汁の流れが滞り肝臓の働きが悪くなる病気:内服治療を行います。病状が悪化すると肝移植が必要になる場合があります。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門領域 専門医等
准教授 阿部 雅則

肝疾患

日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡専門医

准教授 池田 宜央

消化管疾患

日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本内科学会認定医

助教 今井 祐輔

消化器疾患、主に肝疾患

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医

医員 今村 良樹

胆膵疾患

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

医員 兼光 梢
准教授 熊木 天児

一般内科・総合診療、肝胆膵疾患

日本内科学会総合専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本膵臓学会指導医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

助教 小泉 光仁

胆膵疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、がん治療認定医

助教 小泉 洋平

肝疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、がん治療認定医、日本超音波医学会専門医

准教授 竹下 英次

消化管疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化管学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医

医員 丹下 和洋

消化管疾患

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医

講師 德本 良雄

肝疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

助教 富田 英臣

消化管疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

助教 中村 由子

肝疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

教授 日浅 陽一

肝疾患

日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、消化器内視鏡学会専門医、日本超音波医学会専門医、日本消化管学会専門医、日本アレルギー学会専門医、日本病態栄養学会専門医、日本移植学会移植認定医

准教授 廣岡 昌史

肝疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本超音波医学会専門医、がん治療認定医、日本門脈圧亢進症学会技術認定医

助教 八木 専

消化器疾患

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医

助教 山本 安則

消化管疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化管学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本臨床腫瘍学会専門医、がん薬物療法専門医、日本肝臓学会専門医

講師 吉田 理

肝疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医

助教 渡辺 崇夫

肝疾患

日本内科学会総合専門医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

外来診療予定表

備考

池田 宜央

竹下 英次

富田 英臣

池田 宜央

山本 安則

丹下 和洋

竹下 英次

山本 安則

第三内科(消化管)

阿部 雅則

小泉 洋平

中村 由子

德本 良雄

阿部 雅則

小泉 洋平

日浅 陽一

廣岡 昌史

吉田 理

德本 良雄

廣岡 昌史

渡辺 崇夫

第三内科(肝臓)

小泉 光仁

兼光 梢

熊木 天児

今村 良樹

第三内科(胆・膵)
関連タグ

診療科・部門のご案内