皮膚科

内科・外科以外の診療科

Clinical department except internal medicine, the surgery

皮膚科

皮膚科外来紹介写真

臨床最前線の診療所・病院と連携・バックアップを通じて、愛媛県民に十分な皮膚科診療をとどけること目標としています。

診療科紹介

当科では、診療所・病院にて難治な一般皮膚病の紹介及び診療を行っており、重症例については入院加療を行っております。専門外来として、膠原病、アトピー性皮膚炎、褥瘡、掌蹠膿疱症の診断治療に加え、乾癬の生物学的製剤による治療導入・加療を行っています。

主な症状

皮膚の痒み、痛み、紅斑、紫斑、びらん、潰瘍、湿疹、皮下結節、傷跡、体表面の先天異常、あざ、やけどなど

対象疾患

アトピー性皮膚炎

痒みを伴い慢性に経過する湿疹を主病変としますが、根本に皮膚バリア機能異常やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏の外用など対症療法が中心となりますが、従来の治療が無効な場合に新しい生物学的製剤による加療で寛解に至ることもあります。

膠原病

全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、皮膚筋炎、混合性結合組織病、シェーグレン症候群などに伴う皮膚症状に対して内服、外用治療を行います。

掌蹠膿疱症

手掌足底に多数の水疱・膿疱、紅斑、鱗屑が出現し、モノを握りにくい、人前に出せない、歩きにくいなどの日常生活に支障をきたすことがあります。

乾癬

皮膚から少し盛り上がった赤い発疹(紅斑)上に、銀白色のフケのような垢(鱗屑)が付着し、ポロポロとはがれ落ちる病気です。近年、生物学的製剤の開発などが目覚ましく、症状改善のための治療法が多くなりました。

褥瘡

いわゆる”床ずれ”です。他院よりご紹介いただいた難治性褥瘡について褥瘡チームで加療に当たっています。

皮膚悪性腫瘍

皮膚に生じた、いわゆる”がん”のことです。皮膚生検をはじめとする各種検査を行った後に、適切な手術、化学療法、放射線療法などによる集学的治療を行います。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門領域 専門医等
医員 石川 真奈美

皮膚科一般

日本皮膚科学会専門医

助教 宇都宮 亮

褥瘡、皮膚科一般

日本皮膚科学会専門医

教授 佐山 浩二

アレルギー・アトピー性皮膚炎、自己免疫疾患、乾癬、感染症

日本皮膚科学会専門医

講師 白石 研

皮膚科一般、膠原病、悪性黒色腫

日本皮膚科学会専門医

助教 難波 千佳

皮膚科一般、乾癬

日本皮膚科学会専門医

助教 西原 克彦

皮膚科一般

医員 松本 圭子

皮膚科一般

日本皮膚科学会専門医

講師 武藤 潤

アトピー性皮膚炎、乾癬、結合組織疾患、抗加齢

日本皮膚科学会専門医

准教授 村上 正基

掌蹠膿疱症・乾癬・自然免疫異常

日本皮膚科学会専門医、死体解剖資格認定医(病理)

助教 八束 和樹

炎症性角化症・膿疱症

日本皮膚科学会専門医

外来診療予定表

備考

松本 圭子

武藤 潤

宇都宮 亮

西原 克彦

石川 真奈美

佐山 浩二

松本 圭子

難波 千佳

白石 研

八束 和樹

石川 真奈美

佐山 浩二

八束 和樹

松本 圭子

村上 正基

皮膚科

村上 正基

掌蹠膿疱症

白石 研

膠原病

宇都宮 亮

褥瘡

難波 千佳

乾癬 生物学的製剤治療

武藤 潤

アトピー性皮膚炎

診療科・部門のご案内