内科・外科以外の診療科

Clinical department except internal medicine, the surgery

精神科

精神科紹介写真

患者のために最善を尽くし、常に患者中心の視点で行動する。情報は最大限に収集し、観察を怠らない。真実を追求し、常に前進し失敗を恐れない。

診療科紹介

精神科全般の外来・入院治療の他、子どものこころセンター、認知症疾患医療センターなどの専門外来を開設しています。総合病院として合併症を伴う精神疾患治療は当然として、他診療科とのリエゾン精神医療、緩和ケア医療、痛みセンターにも関わっています。精神科特殊治療では、クロザピンなど最新の薬物療法や新規薬物の治験、修正型電気けいれん療法などの身体療法、認知行動療法などの精神療法、作業療法などリハビリテーション療法を適宜行っています。

主な症状

気分が落ち込む、不安になる、眠れない、誰もいないのに声が聞こえる、物忘れが多くなった、物の名前がわからない、など

対象疾患

うつ病

気分の落ち込みと興味や喜びの喪失が続く。抗うつ薬による薬物療法や精神療法、修正型電気けいれん療法を行う。

双極性障害

気分が落ち込む時期と気分爽快や怒りっぽい時期を繰り返す。気分安定薬による薬物療法や精神療法、修正型電気けいれん療法を行う。

統合失調症

誰もいないのに声が聞こえてきたり、周囲から攻撃されているように感じて不安になる。抗精神病薬による薬物療法や精神療法を行う。

器質・症状精神病

体の病気や服用している薬物によって精神的不調になる。原因の治療や除去に加えて、必要に応じて向精神薬による治療を行う。

発達障害

小児期から対人関係の困難や多動、不注意が目立つ。発達歴の調査や心理検査による適切な診断と環境調整、薬物療法を行う。

認知症

老年期から物忘れや人格の変化が起こる。認知機能検査や画像検査による適切な診断と環境調整、薬物療法を行う。

摂食障害

体重が増えるのが不安で食事がとれすに痩せてしまう。大量に食べてしまうなどの食行動異常が続く。食事療法、精神療法や薬物療法を行う。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門領域 専門医等
准教授 伊賀 淳一

統合失調症、うつ病、双極性障害の薬物療法

精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医・指導医 認知症診療医、日本臨床精神神経薬理学会 専門医・指導医、日本サイコオンコロジー学会認定登録精神腫瘍医

教授 上野 修一

精神医学全般

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医

専攻医 奥村 力
専攻医 尾﨑 智樹
助教 尾﨑 優樹

精神医学

助教 越智 紳一郎

精神医学全般

精神保健指定医、日本臨床精神神経薬理学会専門医、日本老年精神医学会専門医

助教 河邉 憲太郎

児童思春期領域の治療

日本精神神経学会、日本児童青年精神医学会認定医、日本臨床精神神経薬理学会専門医

教授 楠元 克徳

精神医学全般

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医 

専攻医 久門 啓志
講師 清水 秀明

老年精神医学、神経心理学

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本臨床精神神経薬理学会専門医

専攻医 曽我 純也
専攻医 髙石 裕介
専攻医 髙山 由華子
専攻医 立花 亜由美
教授 谷向 知

老年精神医学、認知症学、地域包括ケア学、神経心理学

精神保健指定医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本精神神経学会専門医・指導医、認知症サポート医

専攻医 坪内 浩一
専攻医 長岡 大文
専攻医 仲地 究
専攻医 舟橋 裕
専攻医 細川 里瑛
講師 子供のこころセンター長 堀内 史枝

児童青年精神医学、小児睡眠障害、神経発達障害

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医・指導医、日本児童青年精神医学会 認定医、日本睡眠医学会 認定医

非常勤病院医師 見山 朋恵

精神科全般 、児童青年精神医学

助教 三好 幸代

精神科全般

講師 森 崇明

老年精神医学、認知症学、画像検査

精神保健指定医、日本老年精神医学会専門医・指導医、日本認知症学会専門医・指導医、日本神経心理学会評議員

助教 森 蓉子

精神科遺伝学 老年精神医学

助教 吉野 祐太

精神医学全般

精神神経学会 専門医、精神保健指定医

外来診療予定表

備考

伊賀 淳一

立花 亜由美

谷向 知

舟橋 裕

森 崇明

上野 修一

尾﨑 優樹

越智 紳一郎

細川 里瑛

堀内 史枝

伊賀 淳一

楠元 克徳

久門 啓志

清水 秀明

髙山 由華子

尾﨑 智樹

仲地 究

三好 幸代

森 崇明

精神科は完全予約制です。

河邉 憲太郎

午後

森 蓉子

隔週

診療科・部門のご案内