緩和ケアチーム

患者支援・相談部門

Patient support, consultation section

緩和ケアチーム

相談イメージ

各分野の専門の医療スタッフが“患者のがんに伴う痛みなどのいろいろな苦痛を取り除き、充実した生活ができる様に支援する”ことを目標にして作られたチームです。

部門紹介

緩和ケアチームとは
各分野の専門の医療スタッフが“患者のがんに伴う痛みなどのいろいろな苦痛を取り除き、充実した生活ができる様に支援する”ことを目標にして作られたチームです。

 

患者への診療の他に、症例検討会を開いて、各患者の症状についてそれぞれの視点から検討し、最適な治療を目指します。また、緩和ケアセンター運営委員会で各関連部門からの意見を聞き、円滑に活動ができることを目指しております。

チームの構成

  • 身体症状の緩和を担当する医師(1名は専従)
  • 精神症状の緩和を担当する医師
  • 緩和ケアの経験を有する看護師(1名は専従)
  • 緩和ケアの経験を有する薬剤師
  • 社会福祉士
  • 理学療法士
  • 管理栄養士
  • その他病院長が必要とする者

地域医療機関との連携

当院を退院される患者、外来患者については、当院の総合診療サポートセンターと連携し、在宅あるいは地域の医療機関で継続的に最適な治療が受けられるようにサポートしています。

患者への緩和ケア体制図

入院患者への緩和ケア体制

外来患者への緩和ケア体制

対象患者

がんを初めとする悪性腫瘍による痛み、全身倦怠などの体の苦痛、不安、うつなどの精神的な苦痛をお持ちの患者を対象に診療しています。入院診療および外来診療を行っています。

診療の手順

体の苦痛をお持ちの患者は緩和ケアセンター外来(麻酔科蘇生科外来)を、精神的な苦痛をお持ちの患者は精神科神経科の外来を予約の上、受診ください。その後は適宜、外来および病室での診察をします。また、必要に応じて、他診療科の専門医を紹介し、適切な治療を行います。

HIV診療チームの紹介

  • 診療科
    感染症内科
  • 外来診療日
    原則として月・火・木曜日 (受付)8時30分~10時30分
    *原則、予約制となっています。
  • 受診の予約
    総合診療サポートセンターまでFaxしてください。
    Fax 089-960-5959
  • 診療のご相談 
    総合診療サポートセンター(HIV診療チーム)までお電話ください 
    電話:089-960-5261
    参考「総合診療サポートセンターHP

 

  • HIV診療チームの紹介

    当院は、2007年(平成19年)にエイズ診療中核拠点病院に指定されており、これまでに150人を超える診療を行ってきています。毎年、10人程度の新規患者を受け入れ、今後も増加することが予想されます。

     また、患者数の増加や高齢化に伴い、県内の病院・施設との連携がこれまで以上に求められ、診療に携わる医療関係者の教育・啓蒙が必要不可欠となっています。
     
     当チームは、この様な社会的背景を受け、HIV診療のみならず、他の病院・施設からのHIV診療に関する問い合わせや相談に対応し、連携を強化することで愛媛県のHIV診療の質の向上を図ります。

  • 活動内容
    HIV診療および患者支援を円滑に行うために、毎月、HIV診療チームで定期カンファレンスを行っています。外来・入院患者を対象に情報を共有し、問題点の把握と支援方法を検討しています。また、エイズ診療中核拠点病院として、他の拠点病院や行政間の連携のための会議を開催し、患者さんの対応や問題点について情報交換を行っています。

    地域の医療福祉職員の資質向上のため、実地研修やチーム派遣を平成26年度から開始しています。
     
    参考「エイズ予防財団HP(http://www.jfap.or.jp/index.html)」
     
    そして、診療チームのスタッフは、県内外の各種研究会や学会などに積極的に参加・発表することで、HIV診療の向上に努めています。

  • 構成スタッフ
    医師(日本エイズ学会指導医、日本感染症学会専門医)
    看護師
    薬剤師(HIV感染症専門薬剤師、HIV感染症薬物療法認定薬剤師)
    医療ソーシャルワーカー 
    臨床心理士 

問い合わせ

緩和ケアセンター、麻酔科蘇生科外来
TEL: 089-960-5575
夜間(2号館4階病棟)
TEL: 089-960-5805

関連タグ

診療科・部門のご案内