麻酔科蘇生科

内科・外科以外の診療科

Clinical department except internal medicine, the surgery

麻酔科蘇生科

麻酔科紹介写真

患者さんの痛みと不安に向き合い医療の安全を支える診療科

診療科紹介

麻酔科蘇生科はペインクリニック(痛み外来)を行っています。ペインクリニックでは頭痛・顔面痛、帯状疱疹後神経痛、癌の痛み、外傷後または手術後の痛み、腰・下肢痛などあらゆる部位および種類の痛みの治療を行っています。関係各科と連携し、患者に最適な治療を行うよう努めています。薬、神経ブロック、刺激鎮痛法などにより治療を行っています。外来診療以外では、手術や侵襲的検査時の麻酔管理、重症患者に対する集中治療管理などの病院の中央部門の診療を担っています。

主な症状

顔に鋭い痛みが走る、強い頭痛がする、方から上肢に痛みが走る、腰から下肢に痛みが走る、帯状疱疹後に痛みが続く、傷や手術の痕が痛む、癌の手術をしたが痛みが出てきたなどいずれの部位の痛み、いずれの性質の痛みも扱っています。

対象疾患

三叉神経痛

激しい顔の痛みで、会話や食事ができなくなります。内服薬が基本ですが、急性期には神経ブロックを行っています。

群発頭痛、片頭痛

頭痛にもいろいろな疾患、病態があります。頭痛専門医と連携しながら、治療しています。

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹発症後、数か月経過しても残る痛みです。内服薬や神経ブロックを行いますが、難治性です。早期からの治療が必要です。

CRPS

複合性局所疼痛症候群とも言います。強い痛み、関節可動域制限、発汗の異常などが生じます。内服薬、脊髄刺激療法など行います。

神経因性痛

糖尿病、化学療法、慢性炎症性脱髄性多発神経炎などの内科的疾患、外傷、脳卒中後、脊髄腫瘍、脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症などの脊椎疾患による痛みなど、多岐にわたります。
内服治療、神経ブロック、脊髄刺激療法などが適応です。

椎間板ヘルニア

頸椎、腰椎の椎間板ヘルニアが多く、脊椎外科と連携しながら治療します。手術以外に内服薬、神経ブロックを行っています。

線維筋痛症

原因不明の、全身の痛みが生じる疾患です。女性に多く、日本では200万人の患者がいるとされています。内服薬、運動療法、認知行動療法などを行っています。

スタッフ紹介

役職 氏名 専門領域 専門医等
講師 檜垣 暢宏

各種難治性の痛み、線維筋痛症、脊髄刺激療法

麻酔科指導医、ペインクリニック専門医

助教 安平 あゆみ

各種難治性の痛み

麻酔科専門医、ペインクリニック専門医

教授 萬家 俊博

各種難治性の痛み

麻酔科指導医、ペインクリニック専門医

助教 渡邊 愛沙

各種難治性の痛み

麻酔科専門医、ペインクリニック専門医

外来診療予定表

備考

渡邊 愛沙

檜垣 暢宏

安平 あゆみ

檜垣 暢宏

渡邊 愛沙

檜垣 暢宏

萬家 俊博

※水曜日は術前診察なし

診療科・部門のご案内